交通事故治療

  • 事故から時間が経ってから痛みがでてきた
  • 医療機関で事故治療を受けているが痛みがなかなか改善しない
  • 事故以来、身体の調子の悪い日が続いている
  • 湿布や薬で対処しているが効果が感じられない
  • むち打ちで吐き気やめまいがする

通事故に遭ったけど外傷もないし、事故の規模が小さかったから・・と医療機関に検査を
受けに行くことを遠慮される方や、仕事で忙しいからと治療を先延ばしにしてしまう方がおられます。

ですが、交通事故によるむちうち症状は、数日後、数週間後に現れることも少なくありません。
痛みがでても「そのうち治るだろう」なんて思っていたら、大変な事態を招くこともあります。

最初は小さな痛みでも、放置してしまうと、後遺症として残ってしまう事もあるのです。

未来や将来を見据えてむちうち症状をしっかり治すことは、とても大切なことです。
早期に治療をうければ、痛みの辛さや、後遺症で悩まされるリスクから早く解放されます。
悩んだり、躊躇して、症状を悪化させることがないようにして下さい。

むちうちは早期の治療をおすすめします!!

むちうちの症状とは

交通事故の治療は、とにかく早めに治療をはじめることが大切です。
放っておくと筋肉が固く緊張してしまうからです。

交通事故後、あれだけの衝撃をうけたのに、特にケガも痛みもなくほっとした・・という方も多いです。
ですが、事故直後に痛みを感じないのは、事故によって興奮し、事故に遭ったという衝撃の事態に気をとられていて、痛みに気付かないケースが多いのです。

ですので、何ともないと思ってもしっかりと病院の検査をうけることをおすすめします。

また、交通事故に遭った患者様の中には、病院でレントゲンやMRI検査を受けて異常が出なかったのに、痛みが改善しない患者様も多くおられます。
それは、レントゲンやMRIでは、筋肉の損傷や骨のわずかな歪みが分からないからです。
そして筋肉の損傷や骨のゆがみは、湿布や薬だけでは正常に戻せません。

交通事故の衝撃によって首から肩、背中にかけて強い痛みと緊張がでて血流が悪くなるので、頭が痛くなったり、吐き気やめまいの症状に悩む方もいます。

むねひら接骨院のむちうち治療

 交通事故後、痛みや炎症の強いときはマイクロカレント微弱電流などを用いて、痛み・炎症を抑えます。
これらの電気治療を用いることで痛み、炎症の改善スピードが早くなります。

炎症が治まってからは、ハイボルテージ、鍼灸、温熱(トルマリンホットパック)などを用いたり、マッサージで固まった筋肉をじっくりとほぐしていきます。

 

く時間がかかることがあるので、根気よく通うことが大切です。
また、たいしたことないと放っておかず、最初の治療をおろそかにしないことも大切です。
事故後しばらく放っておいてしまうと、自律神経の不調や、長く痛みがとれなかったり、筋肉が固まってしまったりするからです。

 

接骨院は、診療する人と、施術をする人が同じことが病院との大きな違いです。
日々の経過をしっかり観察しながら、その都度最適な治療を選択できます。

また、当院では、患者様が気になることを気軽に質問できる雰囲気づくりにも気を配っています。
不安な点はなんでもご質問ください。

交通事故治療でお悩みなら、むねひら接骨院にご相談下さい。

当院が、交通事故の治療を全力でサポート致します!

法律事務所とも提携

むねひら接骨院は、中央通り法律事務所さんと業務提携をしております。
一般の方にはわかりづらい、交通事故にあった際の保険会社との交渉など、法律面でのサポートをしていただいています。

交通事故にあうと、むちうち症状だけでなく保険会社とのやりとりで精神的ストレスを感じる方も多いです。

手続きは専門家に任せて、身体を治すことに専念することができます。